忍者ブログ
メル友
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読売新聞社は30日の衆院選投票日を前に、全国300小選挙区のうち、激戦区や注目区を中心に200選挙区で世論調査(25~27日)を実施し、選挙戦終盤の傾向を探った。

 民主党は序盤情勢調査で明らかになった300議席を超える圧勝の勢いを維持しており、政権交代実現の可能性が高まっている。

 自民党候補は懸命に追い上げ、一部の選挙区で民主党候補との差を縮めているが、民主党の圧倒的な勢いを止めるまでには至っていない。ただ、有権者の2割強が小選挙区での投票先を明らかにしておらず、情勢はなお流動的な要素もある。

 前回300小選挙区を対象に行った世論調査(18~20日)では、「民主党が比例選と小選挙区選を合わせて300議席を超す勢い」「自民党は激減、公明党は公示前議席の確保は難しく苦戦」との情勢が明らかになった。

 今回は接戦区や注目区を中心に200選挙区で、コンピューターで無作為に作成した番号に電話をかけるRDD方式により終盤情勢を探った。

 200選挙区の序盤情勢と終盤情勢を比べると、〈1〉当選有力と当落線上で優位に立っている候補の合計は民主、自民両党ともに、ほとんど変化がなかった〈2〉複数の候補が当落線上で争う接戦区が、53から67に増えた――ことがわかった。

 接戦区では自民党候補が序盤戦でリードを許していた民主党候補に追いつくケースが多く、自民党候補が終盤にかけて追い込みをかけている様子がうかがえる。

 苦戦が続く公明党は、終盤になって勢いを増しており、大阪3区や兵庫2区では、前回調査時にはリードを許していた相手候補との差を縮めた。

 政権交代を訴える民主党は、幅広い地域や世代で支持を広げている。自民党の首相経験者を相手に女性候補を擁立した石川2区や群馬4区で大接戦を演じている。さらに、自民党の閣僚経験者が立つ青森3区、茨城2区、神奈川2区、京都5区、高知2区でも互角の戦いを繰り広げている。
PR
6月末に、民主党が社民党、国民新党と組んで、労働者派遣法改正法案を衆議院に提出し、波紋が広がっている。

 法案の目玉は、「(専門業務を除いた)製造業派遣の禁止」である。これまで、民主党は、派遣労働者の劣悪な労働環境に警鐘を鳴らすことはあっても、「製造業派遣の禁止」には、慎重な姿勢を取ってきた。というのも、「禁止することで失職する労働者数十万人の受け皿を用意できなかったからだ」(人材派遣会社社長)。

 言うまでもなく、民主党が、その姿勢を転換したのは、迫る衆議院選挙において、両党との選挙協力を睨んでのことだ。ある電機メーカー幹部は、「法案が衆議院を通過するわけではない。非現実的だ」と言う。確かにそのとおりかもしれないが、民主党が規制強化へ動いた“事実”は非常に重い。

 仮に、民主党が政権与党となって労働政策を打ち出す際に、国会提出までした法案骨子を変えることは考えにくい。いずれ、製造業派遣の禁止は現実のものとなるかもしれない。別の電機メーカー幹部は、「いつかは、くると思っていた。派遣社員に依存しない要員体制を整えなくてはならない」と気を引き締める。

 2000年以降、シャープやキヤノンといった電機メーカーが、こぞって、生産拠点の“国内回帰”の方針を掲げた。だが、いくら液晶パネルやカメラが高付加価値製品であったとしても、固定費の圧縮は不可欠だ。派遣が禁止されれば、コストは上昇してしまう。

 加えて、状況が悪過ぎる。自動車や電機などの輸出型製造業では、需要停滞が続くうえに、急激な円高が直撃したため、為替リスクも顕在化している。人件費上昇と為替リスク拡大が、製造業の海外移転ラッシュを加速させることは必至な情勢だ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 浅島亮子)

歌手でモデルの土屋アンナ(25)が映画監督に初挑戦したことが6日、分かった。オムニバス映画「ブルー・パシフィック・ストーリーズ」(8月1日から全国で順次劇場公開)の1編「フィッシュ・ボーン」で、人類滅亡後の地球を舞台に、主人公の魚の少年が故郷の元の姿を取り戻すために奮闘するストーリー。
 「発想がぶっ飛びすぎていた」(土屋)ため、実写とCGを合成する手法を選んだ。長男・澄海(すかい)くん(4つ)に大好きな海の大切さを伝えようと企画したもので、公開に合わせて絵本として出版されることも決定している。
 監督デビューに土屋は「スタッフとチームで作るということがいい経験でした。楽しく作ることができて、本当に面白かったので、またチャンスがあったらやってみたい」と次回作にも意欲を見せた。
 同作では、日本を代表する3GCGアーティストのイワタナオミ氏とコラボレーションしている。
 海をテーマにした「ブルー-」は元「Def Tech」のMicro(28)が監督した「カモミールの羽」、AI(27)が監督した「My Next Step」そして「フィッシュ-」をひとつにまとめた作品。公開に合わせ、3人は8月1、2日に東京・赤坂でライブと上映会をミックスした新種の夏フェスを開催する。全国の劇場にも同時中継されるイベントに「日本国中盛り上げたい」(土屋)、「映画でもライブでも3人とも熱く盛り上げます」(AI)「ぶっ壊れて、ぶっ壊してみます」(Micro)とそれぞれ張り切っている。
ニューヨーク・メッツ傘下のマイナーでプレーしていた高橋建投手が、メジャーに昇格。日本人選手としては史上最年長の40歳でメジャーデビューする可能性が高まった。チームの地元紙『ニューヨーク・ポスト』(電子版)が26日付で報じている。

 オフに広島東洋カープからメジャー移籍を目指した高橋は、2月にトロント・ブルージェイズとマイナー契約。しかし3月序盤のオープン戦で右足を痛めたこともあり、3月末に戦力外に。しかしその直後にメッツとマイナー契約を結ぶと、傘下の3Aバッファローでは6試合、11回2/3を投げて防御率0.77と好投し、念願のメジャー昇格を果たした。

 なおメッツは高橋の昇格に伴い、左腕ケイシー・フォッサム投手(31歳)を戦力外としている。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[04/27 ugawa]
最新トラックバック
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R